loading_logo

【結論】ブログの記事の文字数は関係ない

ブログ記事の最適な文字数
スポンサーリンク
悩んでる人
悩んでる人

ブログを上位表示にするには、よく最低でも1,000文字〜2,000文字は書かないといけないってありますが、本当のところはどうなんでしょうか。

この記事のタイトル通り検索順位は、記事の文字数は関係ありません。
大切なのは、文字数じゃなくて記事の内容だということ。

スポンサーリンク

Googleはブログ記事の文字数で検索順位を決めない

Googleはブログ記事の文字数じゃなく、
とにかく有益な内容であることをもっもと重要視しています。

いくら文字数が多くても、そのキーワードで検索した人にとって全然役に立たない情報がたくさん書かれていてもそれは評価されない記事になります。

難しく考えるのはやめましょう。
自分が記事を読む側になって客観的に考えればいいだけです。

例えば「ブログ 記事 文字数」で検索した時、
どんな答えが書いてあれば、あなたはうれしいですか?

書いてあるとうれしい情報
  1. 文字数は多い方がいいのか、少なくてもいいのかという答え
  2. 次に知りたいのが、その理由
  3. 実際にどうすればいいのかの方法

ボクならこんなことが書いてあると、すごく自分のためになります。

ブログ記事の文字数が関係ない理由

でも検索順位が上位の記事はやっぱり文字数が多いんじゃ?

確かに実際にねらったキーワードで検索した時、
上位の記事を見てみると文字数が多い記事が目立ちます。

じゃあやっぱり文字数は多い方がいいんじゃないかってなるかもしれませんが、
それはあくまで結果です。

そのキーワードで検索した人にとって重要な情報を伝えるためには、
それだけの文字数が必要だったということです。
文字数が評価の対象ではなく、記事の内容に検索キーワードに関連した情報がより充実していたということです。

ユーザーの疑問に応えるために、必要な情報をより親切に丁寧にわかりやすく書く!

これを行った結果、500文字も必要なければそれはそれでいいとうこと。

ただ何かの疑問に親切丁寧に応えるには、いろいろと説明しなければいけないことが多いだけ。
あなたが選ぶキーワードによっては、そんなに必要な説明がいらない場合もあるということ。

もしあなたが多くの文字数を必要とする記事を書くことに疲れたのなら、
キーワード選びをまず見直して、ユーザーの疑問に応えるために最適な文字数が少なくて済むものにしましょう。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

記事の文字数が多過ぎるときは見直すべき

有益な情報を伝えるために、文字数が多くなってしまったのであればそれはいいですが、
極端に多過ぎる文字数になってしまった場合、それは本当にそのキーワードに必要な情報なのか
もう一度再考する必要があります。

キーワードの疑問に応えているうちに、あれもこれもと情報を盛り込みすぎていませんか?
それは、狙ったキーワードに本当に必要な情報ですか?

何度もいいます。
客観的になって、ユーザーにとってわかりやすく必要な情報を丁寧に書きましょう。

それが検索上位になる一番の近道になります。